爺太郎と白雪の閑話室

アクセスカウンタ

zoom RSS 「トレーニング室」を利用して体力維持

<<   作成日時 : 2016/04/05 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現役を退いてから2年間ほぼ毎週通った生涯大学校や市民カレッジもそれぞれ卒業して、趣味以外にこれと言って予定がなく、カレンダーの月刊スケジュールに書き込んでいた予定日も随分寂しくなってきました。

体力的にも衰えを意識するようになり、近頃は体力維持のための体操を積極的に心がけて実施していました。

近くの国際水泳場にはトレーニング施設もあり、65歳を超えると使用料が無料になることは知っており、事前に施設の見学はしていました。

でも、目の手術後、しばらくは運動を控えるようにとの医師からの指示があり、利用までには至っていませんでした。
画像


前回の定期診察で、もう運動をおこなってもよいとの許しが出ましたので、早速、入会前のガイダンスの予約をしてトレーニング室の使い方や利用に際しての注意点などを教えていただけるガイダンスを受講し、併せて入会の手続きを行いました。

トレーニングの進め方は、
@入室したら、血圧を測定し、「トレーニング室利用者記録表」に性別、年齢等を記録します
Aウォーミングアップの体操をおこない、有酸素運動マシンを使用します
  エアロバイク(自転車こぎ)、トレッドミル(ウオーキング・ランニング)などです
Bその後、各種のマシンを使用して筋力トレーニングをおこないます
C最後に、クーリングダウン・ストレッチングをおこないます

午前中はトレーニング室は混んでいるようなので、午後から2時間ほど利用していますが、週に2〜3回のトレーニングを目指せば良いようです。

施設内には、プールのほか、風呂、シャワーも整備されています。(実はまだ利用したことがないのですが・・・)
一般的な施設では入会金、月間利用料も必要だと思いますが、無料何時間でも利用できるのは大変ありがたいと思います。

ガイダンス時には丁寧な指導と、施設の利用方法などを親切に教えて頂きました。

身長体重のほか、BMI、体脂肪率、骨格筋率、体年齢、基礎代謝、内臓脂肪レベルなどを測定し「体組成測定結果記録用紙」に記載しています。後日の測定結果と比較してみるのが楽しみです。
毎回のトレーニングの後に、実施したトレーニング内容(使用機器、使用時間、実施回数など)を記録して後日の参考としています。

同年輩の方たちが大勢それぞれの目的部位に合った機器を利用して体力の維持に努めています。
皆様の近くでもこのような施設がないかを調べてみるのもよいかもしれません。

同輩諸君、高齢者の仲間入りをしたなら、体力の維持に努めることが仕事になりますよ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「トレーニング室」を利用して体力維持 爺太郎と白雪の閑話室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる