爺太郎と白雪の閑話室

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍵盤ハーモニカ

<<   作成日時 : 2016/08/04 10:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鍵盤ハーモニカを弾いたことはありますか。同年輩の各位。

鍵盤ハーモニカ?、ああ、あのピアニカのことか思われるかたもおられるでしょう。
そうです、ヤマハ楽器では「ピアニカ」、「メロディオン」は鈴木楽器製作所、「メロディピアノ」はキョウリツコーポレーションなど、名称は色々あるようです。
1960年代初頭から普及したようですので、学生時代にはあったのでしょうが、記憶にありません。当時はまだポピュラーな楽器ではなかったのでしょか。

なんと、その楽器を、60代後半になってから弾くことになったのです。
画像

ある公民館の高齢者を対象とした講座に今年度から通っています。
募集時の講座内容には、「健康問題・調理実習・レクリエーション等のプログラムを学級生が計画し、学習する」と記載されています。

申し込んで最初の講義(開講式)に臨んだとき、指示された教室へ着くと、大勢の年配(失礼ながら)の女性ばかりが着席していましたので教室を間違ったのかなと、引き返そうとしたとき
『お待ちしていました、こちらです』の声がかかりました。
受講生約40数名の中で、男性は1名、新規募集で男性が2名、併せて男性は3名です。

知人からは、『その講座に加わるにはまだ少し早いのではないの?』と言われ、『もう少し年配者が対象でしょうと』も言われましたが、申し込んだ手前、止めるのも憚られ、特別用事がない限りはその講座に通っています。

その講座では毎年秋に市内の公民館の同様の講座が共同で発表会を開催しているそうで、合唱や合奏などで公民館相互で競い合うそうです。

参加当初にもらった半期のプログラムには「コーラス」「合奏」の項目が目立ちましたが、「ああ、歌ったり、楽器を弾ける人が合奏するんだ」と軽く考えていましたが、その発表会に向けた練習のために計画されていたのです。

使用楽器は、大正琴、トーンチャイム(画像参照)、ハーモニカ、鍵盤ハーモニカなどですが、『どなたか弾ける方はおられますか?』
画像
画像

『しーーーーーーーん』
『どれか弾いていただきまーーす』
仕方なく、確か、子供が昔使っていたのでは、と思い、『ピアニカをやってみます』
帰宅してピアニカを探しても見当たりません。子どもに確認すると、もう持ってないとの返事。
『まあ、いいか』と、次回変更をお願いしようと考えていたところ、子供が、プレゼントをしてくれるとのこと。間もなく新品のメロディーピアノが届きました。いずれは孫たちに返そうかなと考えていますが。

楽器の心得が多少ある家内の猛特訓を受けながら、なんとか人並みに弾こうと努力中のこの頃です。

発表会終了後には、うまくいけばこのブログで、失敗したときは・・・・・・

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鍵盤ハーモニカ 爺太郎と白雪の閑話室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる